職業別の有効求人倍率

 

就職難が盛んに叫ばれているこの数年の間、有効求人倍率が最低値を更新し続けているのをご存知でしょうか。

 

全ての人が職を見つけることができずにいるように思えますが、事実なのでしょうか。ここには数字のトリックが実は潜んでいるのです。

 

有効求人倍率を職業別に調べてみると、すべてが1を割り込んでいる職種ではないのです。

 

仕事を探す条件によって、仕事の難しさは全く違っているというのが現状です。職業別に有効求人倍率を見た場合、全体が1を切っている時でも、常に高い数字を示している職業があることがわかります。

 

保安職は特に高く、介護などの福祉関係の仕事、IT関係の技術職などは有効求人倍率は高い数字を維持しています。

 

事務職や管理職の有効求人倍率は、その一方で全体平均以上に低い数字なのが現状です。

 

実質的な倍率は変わってくるのは、仕事を希望する職種によるものなのです。地方によって傾向が違うことがあるのが有効求人倍率ですが、大概の職業による数字の差の傾向は同じようなものだそうです。

 

希望する人が多い事務職なのですが、実際の事務職の求人は少なく、逆の状況が起きているのが、介護や保安関係なのです。

 

 

就職の厳しさを、労働市場における需要と供給の有効求人倍率から読み取れるミスマッチが、さらに加速させているのかもしれません。

 

 

職業別の有効求人倍率関連エントリー

無料レポート

 

無料レポート

 

一度覚えたら頭から抜けなくする

 

「英単語徹底記憶法」

 

 

 

 

英単語というのは、英語の文章を読むのに必要不可欠、

 

覚えておかなくてはいけないものです。

 

英単語というのは、ジグソーパズルのピースのようなものです。

 

この暗記法を使えば、

 

一度覚えたら忘れません。

 

その方法をレポートしています。

 

 

メールマガジン「上達!学習大辞典」にご登録頂いた方に

 

現在、無料で配布中です。

 

申し込みは以下のフォームからできます。

 

 

     

     

    上達!学習大辞典

    *

    *