野球肩とは

野球肩とは、野球のボールを投げるときに、
肩が痛いためにボールを投げるのが困難になる状態のことです。

 

 

野球肩は、他の呼び方として、リトルリーグ肩という名前が
付けられている場合がありますが、
なぜこのように呼ばれているのかというと、
肩が十分な固さになっていない、
リトルリーグに所属している小学生から中学生くらいに起きやすい症状だからです。

 

 

 

野球肩になるのは、必ずしも野球をしている人だけというわけではありません。
野球と同じようにボールを投げるスポーツをしている人や、
ラケットを使ったスポーツをしている人に起こりやすいと言われています。

 

なぜ野球肩になってしまうのかというと、その理由としては、
フォームの方法が正しくないためだったり、
筋肉の力があまりないことが原因であると言われています。

 

 

野球肩は未然に防ぐことができますので、筋肉を鍛えて、
トレーニングを毎日行うことが大切です。

 

 

それでももし、野球肩になってしまったという場合には、
どうすればいいのかというと、手術をしなくても、治療は可能です。
手術はしなくてもいいとは言え、放っておくと、肩の骨が変形することもあり、
野球などのスポーツが一生出来ないケースもありますので、
十分に注意しながら行うのがいいですね。

 

 

野球肩にならないためにも、練習を終えた後は、
アイシングをしたりテーピングをして予防すること、
ストレッチやトレーニング、正しいフォームでボールを
投げるということも心掛けておきましょう。

 

 

無料レポート

 

無料レポート

 

ゴルフ上達法〜プロのフォームを徹底研究〜

 

 

 

タイガーウッズを始め、日本のトップゴルファーである

 

宮里藍や片山晋呉のフォームを徹底研究。

 

プロゴルファーの真似をすることが、

 

自分のレベルアップにつながります。

 

無料でダウンロードできます。

 

 

     

    上達!スポーツ大辞典
    *
    *

 

野球肩とは関連エントリー