グリップの持ち方

 

ゴルフのグリップの基本としては、右手が左手の上にして、左手右手の順番にクラブを握りましょう。

 

左手のグリップというのはクラブが指の付け根あたりに来るように調整してクラブを持つようにします。右手も左手と同じようにクラブを握るのですが、朝目に指の方へ持って行ってクラブを握る持ち方がいいでしょう。

 

 

ゴルフの正しいスイングというのは、グリップをいかに正しく握っているかにかかっています。ゴルフのグリップの握り方の基本がなっていなければ、いくらスイングを練習しても、ゴルフが上達しないといっても過言ではありません。

 

 

これからゴルフを始めようと思っている人は、スイングの練習よりも先に、ゴルフのグリップの握り方を練習することの方が先です。

 

 

グリップが正しく握れるようになってからでもスイングの練習をするのは、遅くはありません。ゴルフの上級者やプロなどに、ゴルフのグリップの握り方をまずは教えてもらってから始めるのがいいでしょう。

無料レポート

 

無料レポート

 

ゴルフ上達法〜プロのフォームを徹底研究〜

 

 

 

タイガーウッズを始め、日本のトップゴルファーである

 

宮里藍や片山晋呉のフォームを徹底研究。

 

プロゴルファーの真似をすることが、

 

自分のレベルアップにつながります。

 

無料でダウンロードできます。

 

 

     

    上達!スポーツ大辞典
    *
    *

 

グリップの持ち方関連エントリー