ドライバーショットを安定させましょう

 

ゴルフのドライバーショットについてですが、ゴルフのドライバーショットが安定しなければ、なかなかゴルフのコースに出ても思うような打数で回ることが出来ないと思います。

 

一番最初に打つのがドライバーショットだけに、ドライバーショットだけは安定させておきたいところですね。

 

最初のゴルフのドライバーショットによっては、その日のゴルフの調子が決まりますから、ゴルフのドライバーショットは肝心なショットというわけですね。

 

ドライバーというのは一番遠くに飛ばすためのクラブでもあるのですが飛ばそうと思って、飛ばしてもなかなか思うように飛ばせないのが現状です。

 

 

力を入れてゴルフのボールを思いっきり叩いて、力をこめて振っても、ゴルフボールがドライバーの芯で当たらなければ、距離は出ません。

 

なかなか重点をおいてドライバーショットを成功させるというのは難しいところです。

 

 

ゴルフのドライバーショットの基礎となるのは、ほとんどアイアンと違いはないのですが、ボールを置いてから、スタンスを真ん中に取らずに、左足のかかとの内側の前にボールを置いて、アドレスをする際の手の位置は、顎の下くらいになるようにして、構えるのがいいと思います。体重のかけ方については、左足と右足に4対6の割合位で書けるといいでしょう。

 

ゴルフのクラブの中でもドライバーは一番シャフト部分が長いですから、スイングプレーンは一番フラットな面になりますが、アイアンよりもスピードを落としてゆっくり振ってスイングすることが大切です。

無料レポート

 

無料レポート

 

ゴルフ上達法〜プロのフォームを徹底研究〜

 

 

 

タイガーウッズを始め、日本のトップゴルファーである

 

宮里藍や片山晋呉のフォームを徹底研究。

 

プロゴルファーの真似をすることが、

 

自分のレベルアップにつながります。

 

無料でダウンロードできます。

 

 

     

    上達!スポーツ大辞典
    *
    *

 

ドライバーショットを安定させましょう関連エントリー