アイアンショットの打ち方

 

ゴルフのアイアンショットについてですが、ゴルフのアイアンショットというのは、きちんとした、軌道と、そしてスイングのタイミング、クラブのピンポイントにボールが当たることなどが条件で、ショットが決まります。

 

 

アイアンショットでは体をいかに回転させるか、体重移動や腕をどうやって使うのか、アイアンのクラブヘッドに当たった感触といった色々なことが重なって、スイングをしたときに、ゴルフのプレーでは、いかに上手にアイアンショットが出来るかが決まります。

 

 

ほとんどゴルフのドライバーショットと同じようなスイングなのですが、ボールの位置も違っていますし、色々と異なる点はありますので、自分で色々と考えて自分のアイアンショットの基本姿勢を身につけましょう。

 

 

 

ゴルフのアイアンショットでは、ゴルフボールは真中において、力を入れずに、ゆっくりと構えてアドレスをとりましょう。

 

体重のバランスは半々にしておくようにするといいでしょう。ドライバーを打つ際と同じ形でバックスイングをするときは、背骨中心にすることで、回転運動がスムーズになり、腕をうまく動かすことが出来ると思います。

 

 

アイアンショットもドライバーショットと同じく、ゴルフのコースでプレーする場合には重要なショットとなりますから、自分なりのスタンスがとれるまでは少々時間がかかるかもしれませんが、スムーズにアイアンショットが出来るようにするためにも、日々練習を繰り返しましょう。

 

無料レポート

 

無料レポート

 

ゴルフ上達法〜プロのフォームを徹底研究〜

 

 

 

タイガーウッズを始め、日本のトップゴルファーである

 

宮里藍や片山晋呉のフォームを徹底研究。

 

プロゴルファーの真似をすることが、

 

自分のレベルアップにつながります。

 

無料でダウンロードできます。

 

 

     

    上達!スポーツ大辞典
    *
    *

 

アイアンショットの打ち方関連エントリー