スライスしてしまう理由

 

ゴルフのスライスについては、悩んでいる人も多いと思いますが、まず、スライスが出てしまう原因について考えてみましょう。

 

ゴルフでスライスが出てしまう原因としては、2つあるのですが、インパクトをするときに、フェースの部分が開いているとスライスしてしまいます。

 

もう一つの原因としては、スイングの軌道を見た場合に、インサイドインになっていると、どうしてもスライスしてしまうのです。この二つの根本的な原因としては、グリップの握り方や腕の振り方が違っていることが原因とされています。

 

 

 

自分のグリップの握り方は、ウィークグリップにはなっていないかどうか確認しましょう。

 

スライスを防ぎたいと思っている場合には、ストロンググリップと呼ばれる握り方をするのが良いといわれていますが、クラブを握りすぎて力が入りすぎてしまうといけません。

 

アドレスをした場合に、ゴルフクラブのフェースはどこを向いているのか確認して、きちんと四角く構えているか注意しましょう。

 

 

そしてスライス防止で一番重要なのは腕をいかに振るのかということですが、スライスを防止するためには、腕の振り方が重要ですね。

 

スライスをしてしまう人のほとんどが、腕の振り方が間違っていて、ダウンスイングをしてスライスを起こしているといわれていますから、まずはダウンスイングを治す必要があります。

 

スライスを治す場合には、インパクトでゴルフボールの中側の面をクラブフェースで叩くことに注目して、クラブヘッドがインサイドから抜けていくようなイメージで、振るといいでしょう。

 

無料レポート

 

無料レポート

 

ゴルフ上達法〜プロのフォームを徹底研究〜

 

 

 

タイガーウッズを始め、日本のトップゴルファーである

 

宮里藍や片山晋呉のフォームを徹底研究。

 

プロゴルファーの真似をすることが、

 

自分のレベルアップにつながります。

 

無料でダウンロードできます。

 

 

     

    上達!スポーツ大辞典
    *
    *

 

スライスしてしまう理由関連エントリー