パッティング

ゴルフのパッティングについてですが、パターも色々と種類がありますし、グリップの握り方についても色々な種類があります。

 

ゴルフのパッティングについては、色々と人それぞれスタイルはあるものの、共通して言えることなども何点かありますから、それについてこれから紹介していきたいと思います。

 

 

ゴルフのパターを打つ場合にはボールの位置が重要です。
どうやって目線に合わせていますか?
ボールは目の真下に置いておくことが大切です。

 

真下、または少し左においておくことがゴルフボールの正しい置き場所です。それからテイクバックの長さとフォロースルーの長さがだいたい同じくらいになるようにして、そしてゆっくりとした速度で、イメージをして、ゴルフボールをターゲットに転がしていくような感じでストロークしましょう。

 

 

ゴルフのプレーでパターの良い悪いというのは、何で決まるのかというと、距離の長さや方向性、グリーンをどう読むのかという力で決まってきます。

 

初心者がストロークを決めたとしても、スピードやラインを間違えてしまうと、パッティングが失敗してしまいます。

 

パターのラインというのは、ストレートや、スライスライン、フックラインを組み合わせてみたり、平らなのか、上りなのか、下りなのか、色々と組み合わせていきますが、それだけでなく、芝生の状態によってもそれは影響が出てきます。

 

プロでもパッティングは慎重に、パッティング一つでゴルフの勝敗が決まりますから、初心者はなおさら慎重に行いましょう。

無料レポート

 

無料レポート

 

ゴルフ上達法〜プロのフォームを徹底研究〜

 

 

 

タイガーウッズを始め、日本のトップゴルファーである

 

宮里藍や片山晋呉のフォームを徹底研究。

 

プロゴルファーの真似をすることが、

 

自分のレベルアップにつながります。

 

無料でダウンロードできます。

 

 

     

    上達!スポーツ大辞典
    *
    *

 

パッティング関連エントリー