アプローチショット

ゴルフのアプローチショットは一つではありません。
色々なシーンでアプローチショップが必要です。

 

チョップショットと呼ばれるショットやピッチショット、ロブショットなど色々とありますが、コントロールが一番大切です。

 

ゴルフのアプローチショットでは、クラブの肩の回転を利用して、フラットにクラブを振るようにして打つと、軽くて自然なショットになります。

 

フェアウェー、ラフのショットなどにこれを利用するといいかも知れませんね。ゴルフボールの位置については、スタンスの真ん中で、ウェッジよりはロフトが少なめのショートアイアンを使ってゴルフのアプローチは打つことが多いですが、サンドウェッジ、ロブウェッジなども使いこなせるようにしておくといいかも知れませんね。

 

 

初心者の場合には手首の使い方も、アプローチショットの決め手となります。手首のコックを入れ気味にして、ダウンブローを打つ構えでラフのショットを打つのですが、なかなかコックを入れるというのが難しいかも知れませんね。

 

距離を考えて手首のコックで調整しながら、アプローチショットを打ち込んでいくのですが、少し強く打つ場合、弱めに軽く打つ場合など臨機応変にコックで調整しなければいけません。

 

 

深いラフにゴルフボールが入った場合には、ショットをする前に、何度か素振りをして感覚をつかんでおくことがいいと思いますが、他のプレイヤーに迷惑がかからない程度にラフショットを行うようにしましょう。

 

無料レポート

 

無料レポート

 

ゴルフ上達法〜プロのフォームを徹底研究〜

 

 

 

タイガーウッズを始め、日本のトップゴルファーである

 

宮里藍や片山晋呉のフォームを徹底研究。

 

プロゴルファーの真似をすることが、

 

自分のレベルアップにつながります。

 

無料でダウンロードできます。

 

 

     

    上達!スポーツ大辞典
    *
    *

 

アプローチショット関連エントリー