腹筋の鍛え方

 

腹筋が割れている体はとても素敵ですが、腹筋を割れさせたいからといってもむやみに腹筋をしたところで、きれいに腹筋が割れてくれるとは限りません。腹筋トレーニングをするという場合には、正しい方法で行わなければいけません。

 

腹筋トレーニングで真ん中を鍛えたいと思っている人の場合には、まず仰向けに寝て、そして膝を▼に曲げましょう。そして手のひらを頭の後ろにもっていき、足は両ひざを曲げた状態で寝てください。

 

 

そして必ず腹筋トレーニングを行うという場合には、腹筋に意識をもって集中しながらお腹を見ながら行いましょう。

 

腹筋トレーニングを行う場合に、背中が猫背になってしまったり、背中まで地面から上げようと思ってはいけません。

 

 

無理をして背中もあげてしまうと、首や肩に負担をかけて傷めることになりますし、トレーニングの効果が腹筋に集中しないと思いますから、注意しましょう。腹筋トレーニングを行う場合には、反動はつけないでゆっくりと無理せずに10回程度続けていきましょう。

 

 

簡単な腹筋トレーニングが出来てくれば、少しアレンジして、足を立てるのではなくて、宙に浮かせて膝を曲げて軽く足首を組んだ状態で、腹筋トレーニングを行うといいと思います。

 

さらに腹筋に負荷がかかることになりますから、腹筋トレーニングの効果がアップします。

 

腹筋トレーニングは1度や2度行っただけでは全く効果が表れませんから、数回、数日、継続して続けることが大切です。

 

無料レポート

 

無料レポート

 

ゴルフ上達法〜プロのフォームを徹底研究〜

 

 

 

タイガーウッズを始め、日本のトップゴルファーである

 

宮里藍や片山晋呉のフォームを徹底研究。

 

プロゴルファーの真似をすることが、

 

自分のレベルアップにつながります。

 

無料でダウンロードできます。

 

 

     

    上達!スポーツ大辞典
    *
    *

 

腹筋の鍛え方関連エントリー